カフェイン駆動開発推奨委員会について

 カフェイン駆動開発推奨委員会(以下委員会)は「カフェイン」を動力にに日々生活している学生達が技術向上のために集まった集団である。本委員会では個々の能力を極限まで引き出す開発・作業手法として「カフェイン駆動開発」を採用している。カフェイン駆動は古来より盛んに行われてきたものであるが、私たちは効率的なカフェイン摂取により体を「ある程度」労わりながらも極限状態まで使い倒せるよう日々研究を行っている。

 我々の活動は多岐に渡り、カフェイン駆動開発の応用としてプログラミングや情報セキュリティについてプロダクトを創ったり同人誌を執筆している。この委員会は設立間もないが、今後規模を拡大していく予定である。

CDDについて

  CDD ( Caffeine Driven Development ) とは文字通り多量のカフェインによって体を奮い立たせ様々な作業を行うためのドーピング手法の1つである。カフェインは誰も気軽に摂取することが可能で、アルコールや薬物より体への悪影響も小さいとされている。